/

この記事は会員限定です

UD映画館、視聴覚障害に寄り添う 音声ガイドや字幕完備

[有料会員限定]

誰もが映画を楽しめる社会に――。そんなコンセプトでできた全国初のユニバーサルデザイン(UD)映画館がオープンして半年が過ぎた。音声ガイドや字幕を完備。目や耳が不自由な人たちが1日平均30人来館し、障害があっても気軽に映画を鑑賞できる施設として定着しつつある。運営者は「全国に広がるきっかけになれば」と期待する。

21日午後、JR田端駅(東京・北)に近い映画館「シネマ・チュプキ・タバタ」に続々と客が集...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り966文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン