/

この記事は会員限定です

生活用製品の重大事故、輸入品4割 経産省、手引書作成や研修

[有料会員限定]

洗濯機やエアコン、コンロ、自転車などの消費生活用製品による重大事故で輸入製品の割合が高まっている。2013年度に発生した重大事故のうち、輸入製品の割合は約4割を占める。経済産業省は、輸入製品の調達企業向けに安全確保の手引書を作成するほか、仕入れ担当者への研修も検討している。

経産省によると、13年度に発生した消費生活用製品による火災、死亡、重傷などの重大事故は941件。このうち輸入製品の割合は4割...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り458文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン