/

アスクル倉庫の火災鎮圧 発生から丸6日

(更新)

埼玉県三芳町の事務用品通販アスクルの物流倉庫火災は22日、発生から丸6日が経過した。県と入間東部地区消防によると、消火作業が難航していた倉庫の中央部分に消防隊員が近づけるようになり、火をほぼ消し止めて鎮圧状態となった。

倉庫前で取材に応じた消防幹部によると、鎮火のめどは立っておらず、今後は建物内に残った燃えかすを除去するなどの作業を続けるという。

倉庫内部は高温で、立ち込める白煙も消火作業の妨げになっていた。21日、外部からの注水を進めるため外壁に新たな穴を開け、消防隊員も進入を試みていた。内部温度や煙の量が落ち着いていることを確認し、22日午前9時半に鎮圧と判断した。

火災は16日午前に発生。9時15分ごろ、段ボールが燃えていると従業員が119番した。これまでに延べ床面積約7万2千平方メートルのうち約4万5千平方メートルが焼けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン