/

ラムサール条約に国内4湿地の登録推薦 茨城・涸沼など

環境省は22日、国際的に重要な湿地の保全を目指すラムサール条約に、群馬、茨城、佐賀の計4カ所を推薦すると、中央環境審議会自然環境部会に報告した。6月にウルグアイで開かれる締約国会議までに登録が決まる見通し。新規登録は2012年以来で、国内の登録湿地は50カ所になる。

4カ所は群馬県の芳ケ平湿地群、茨城県の涸沼、佐賀県の東よか干潟と肥前鹿島干潟。

ほかに、既に登録されている慶良間諸島海域(沖縄)について、昨年3月に同諸島などが国立公園に指定されたことを受け、登録面積を8290ヘクタールに拡張する。

芳ケ平湿地群は上信越高原国立公園の一角にあり、草津白根山の火口湖・湯釜を含む中間湿原。涸沼は海水と淡水が混じる汽水湖で、渡り鳥のスズガモが多く飛来する。

東よか干潟と肥前鹿島干潟はいずれも有明海北岸に位置し、ズグロカモメなど希少な渡り鳥が多く飛来するほか、ムツゴロウも生息する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン