/

暴行加害者に再び賠償命令 大阪、判決後支払わず

当日に結納を控えた2001年4月、大阪市の路上で暴行され死亡した福岡県太宰府市の会社員、古賀彰浩さん(当時26)の両親が、加害者男性2人に計約8800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は22日、請求通りの支払いを命じた。

同地裁は04年にも同じ内容の判決を言い渡したが2人は支払わず、両親は損害賠償請求権が消滅する時効(10年)を前に、今年再び提訴した。民法の規定で、再び訴えを起こせば、過去の判決で確定した請求権の時効を中断できる。

原告の父親、敏明さん(68)は閉廷後、「裁判をするのにも経済的負担が大きい。判決がただの紙切れにならぬよう、何とかしていただきたい」と話した。

傷害致死などの罪で実刑が確定し、既に出所した加害者側は「病気や低収入で賠償金の支払いが難しい」と請求棄却を求めていたが、諸岡慎介裁判官は「今回の訴訟で新たな主張はなく、確定した判決と矛盾する判断はできない」とした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン