2019年7月17日(水)

暴行加害者に再び賠償命令 大阪、判決後支払わず

2014/8/22付
保存
共有
印刷
その他

当日に結納を控えた2001年4月、大阪市の路上で暴行され死亡した福岡県太宰府市の会社員、古賀彰浩さん(当時26)の両親が、加害者男性2人に計約8800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は22日、請求通りの支払いを命じた。

同地裁は04年にも同じ内容の判決を言い渡したが2人は支払わず、両親は損害賠償請求権が消滅する時効(10年)を前に、今年再び提訴した。民法の規定で、再び訴えを起こせば、過去の判決で確定した請求権の時効を中断できる。

原告の父親、敏明さん(68)は閉廷後、「裁判をするのにも経済的負担が大きい。判決がただの紙切れにならぬよう、何とかしていただきたい」と話した。

傷害致死などの罪で実刑が確定し、既に出所した加害者側は「病気や低収入で賠償金の支払いが難しい」と請求棄却を求めていたが、諸岡慎介裁判官は「今回の訴訟で新たな主張はなく、確定した判決と矛盾する判断はできない」とした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。