/

食糧難救う? 国連が推奨

国連食糧農業機関(FAO)は2013年、世界の食糧危機の解決に、栄養価が高い昆虫類の活用を推奨する報告書を発表した。採集や飼育の産業化によって新たな雇用や収入を生むほか、牛などの家畜より飼料が少なくて済み、温暖化ガスの排出量を減らすこともできるという。

報告書によると、世界では少なくとも20億人が約1900種類の昆虫を食用にし、特に山間部では魚類に代わるたんぱく源となっている。日本でも長野県や静岡県などで蜂の子やイナゴが食べられてきた。

昆虫食に詳しい名古屋女子大の片山直美教授(栄養学)は「昆虫は繁殖力、環境適応力に優れ、大量生産も容易。食糧として有望」と強調する。ただ一部の昆虫には毒性や寄生虫の恐れもあるとして「安全な生産、調理の方法の研究が進めば、さらに普及するだろう」と話した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン