国内でカフェイン中毒死 20代男性、日常的に清涼飲料

2015/12/21 22:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福岡大は21日、カフェイン入り清涼飲料水を日常的に飲んでいた九州の20代男性が、カフェイン中毒で死亡していたことが分かったと発表した。血中濃度が致死量に達していたという。カフェインはコーヒーなどにも含まれており、同大学法医学教室の久保真一教授は「知らず知らずのうちに併用し、中毒に陥る危険性を知ってほしい」と話している。

久保教授によると、米国ではエナジードリンクと呼ばれるカフェイン飲料を飲むこと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]