鳥取で震度6弱 気象庁「1週間程度は注意」

2016/10/21 16:36
共有
保存
印刷
その他

強い地震が起きた鳥取県倉吉市で、瓦が落ちた家屋(21日)=共同
画像の拡大

強い地震が起きた鳥取県倉吉市で、瓦が落ちた家屋(21日)=共同

 21日午後2時7分ごろ、鳥取県倉吉市などで震度6弱を観測する地震が発生した。気象庁によると、震源は同県中部で震源の深さは11キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.6と推定される。津波はなかった。同庁は「今後1週間程度は最大震度6弱程度の地震に注意してほしい」としている。

 記者会見した青木元・地震津波監視課長は内陸で断層が左右に動く「横ずれ断層型」と説明。比較的震源が浅く、午後3時までに震度1以上の地震が17回起きるなど「地震活動は活発」として注意を呼びかけた。

 同庁によると、付近では2000年10月にM7.3、震度6強を観測した「鳥取県西部地震」が起きた。また1943年9月にはM7.2の「鳥取地震」が発生した。

 各地の主な震度は次の通り。▽震度6弱=鳥取県倉吉市、湯梨浜町、北栄町▽震度5強=鳥取市、岡山県鏡野町、真庭市▽震度5弱=島根県隠岐の島町、▽震度4=鳥取県米子市、境港市、松江市、広島市、高松市、愛媛県今治市、山口県岩国市、兵庫県豊岡市、大阪府四條畷市

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

地震気象庁

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 11:13
7:05
北陸 7:01
7:00
関西 6:30
6:00
中国 6:00
5:59
四国 10:57
6:00
九州
沖縄
6:00
21日 22:48

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報