/

認知症の運転ミス検証 東京のNPO、傾向調べ注意喚起

認知症の高齢ドライバーが判断力の低下などで運転中にどんなミスを起こしやすいかを調べるため、認知症の前段階との診断を受けた人に車を運転してもらい、道路標識に従った運転ができているかなどを点検する実験が神奈川県内の自動車教習所で始まった。

NPO法人「高齢者安全運転支援研究会」(東京)が21日から実施。物忘れなどが運転にどう影響するかを明らかにし、同じようなミスを経験している高齢者に注意を呼び掛け、早期受診を促す。2年間ほど続けて報告書をまとめ、公表する。

初日は認知症には当たらないが、その前段階とされる軽度認知障害(MCI)の診断を受けた60~80代の5人が参加。見通しの悪い交差点で左右確認をしているかなどを、同乗した指導員がチェックした。一時停止の標識を見逃す人や、バックしながら駐車する際に距離感をつかめず停車してしまう人もいた。

高齢者の運転をめぐっては、認知症が疑われる人による逆走事故が相次ぐなどし、75歳以上の人への認知機能検査を強化する改正道交法が今年6月に成立。2017年6月までに施行される。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン