/

統合失調症の投薬で85人死亡、NPOが原因究明要望 厚労省に

統合失調症の治療薬「ゼプリオン」について、2013年11月の販売開始以降の死亡報告が85人に上っているとして、精神疾患の患者支援に取り組むNPO法人「地域精神保健福祉機構」(千葉県市川市)は21日、厚生労働省に原因究明を求める要望書を提出した。

ゼプリオンは注射薬で、販売開始後に死亡報告が相次いだことから厚労省は14年4月、販売元のヤンセンファーマに添付文書の使用上の注意を改訂するよう指示した。

ただ同機構によると、その後も60人を超える死亡報告が出ている。死因は自殺や心不全のほか、不明のものもあり、治療薬との因果関係は分からないという。このため使用した患者の全症例を調査するよう求めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン