/

ノーベル賞候補に本庶・前田氏ら予想 米調査会社

米調査会社トムソン・ロイターは21日、学術論文の引用数などから予想したノーベル賞候補者24人を発表した。日本からは生理学・医学賞に京都大学の本庶佑名誉教授(74)、化学賞に崇城大学の前田浩特任教授(77)と国立がん研究センターの松村保広分野長(61)を挙げた。

今年のノーベル賞は生理学・医学賞が10月3日、物理学賞が4日、化学賞が5日に発表される。

本庶氏は免疫のブレーキ役のたんぱく質「PD-1」を発見して、がん免疫療法の開発につなげた。前田氏と松村氏はがんに薬剤を集める「EPR効果」を見つけた。

同社は2002~15年にのべ256人をノーベル賞候補に挙げ、そのうち39人が受賞した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン