アトピー発症、一部の細菌増殖が一因 慶大など解明

2015/4/22付
保存
共有
印刷
その他

米国立衛生研究所(NIH)の永尾圭介主任研究員は慶応義塾大と共同で、アトピー性皮膚炎の症状は皮膚で一部の細菌が増えて、細菌の種類が偏ると起きることをマウスの実験で突き止めた。研究グループは発症のメカニズム解明や治療法の開発に役立つとしている。

成果は米科学誌イミュニティー(電子版)に22日、掲載される。

研究グループは遺伝子操作によってアトピー性皮膚炎を発症するマウスをつくり、実験に使った。

炎…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]