/

鳥貴族と「そっくり店」 鳥二郎を損賠提訴

大手焼き鳥居酒屋チェーン「鳥貴族」(大阪市)が、看板やメニュー、内装が酷似した店舗「鳥二郎」を営業され損害を受けたとして、京都市の経営会社に、約6千万円の損害賠償や類似標章の使用差し止めを求める訴訟を起こした。大阪地裁(森崎英二裁判長)で21日、第1回口頭弁論が開かれ、経営会社側は「営業形態は似ていない」と請求棄却を求めた。

訴状によると、鳥二郎は昨年4月以降、京都や大阪、神戸で12店を開店し、うち4店を鳥貴族と同じビルの真上か真下のフロアで営業。看板には「鳥」の文字をニワトリの姿にデザインした鳥貴族と類似した標章を使っている。

鳥貴族は、全品280円の価格で焼き鳥などのメニューを提供しているが、鳥二郎も看板に「全品270円」と表示。店の内装や従業員の服装、メニューも似ているという。

鳥貴族は、全国で約390店展開し、昨年は年間約1200万人以上が来店。同社は「顧客が鳥貴族と誤解して入店し、長年築き上げてきた信用も傷つけられた」と訴えている。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません