「表現の場もらい、うれしい」 芥川賞贈呈式で又吉さん

2015/8/21付
保存
共有
印刷
その他

第153回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の贈呈式が21日夜、東京都内のホテルで開かれた。「火花」の作者でお笑い芸人の又吉直樹さん(35)と、「スクラップ・アンド・ビルド」の羽田圭介さん(29)に芥川賞、「流」の東山彰良さん(46)に直木賞がそれぞれ贈られた。

芥川賞贈呈式後のパーティーで、選考委員の山田詠美さん(右)と談笑する又吉直樹さん(21日夜、東京都内のホテル)=日本文学振興会提供・共同

芥川賞贈呈式後のパーティーで、選考委員の山田詠美さん(右)と談笑する又吉直樹さん(21日夜、東京都内のホテル)=日本文学振興会提供・共同

グレーのジャケット姿で登壇した又吉さんは、舞台に立つことも文章を人に読んでもらうこともなかった芸人デビュー直後を振り返り「表現する場所を与えてもらっていることがうれしい」と、喜びと感謝を表明した。

芸人も、小説をはじめとした文章の執筆も「僕にとっては両方必要」と又吉さん。次作については「面白いものを書きたい。また皆さんに読んでもらって率直な感想をいただけたら励みになる」と抱負を語った。

羽田さんは受賞決定後に「小説という表現形式の貴さに気付けた」と明かし「うその言葉だからこそ表現できることを表現したい」と話した。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]