楼閣?描いた新たな弥生土器片 奈良の唐古・鍵遺跡

2017/4/21 22:11
共有
保存
印刷
その他

 奈良県田原本町にある国内有数の巨大環濠(かんごう)集落跡、唐古・鍵遺跡(国史跡)で、楼閣とみられる建物を線刻した弥生中期(紀元前1世紀ごろ)の土器片が新たに確認され、同町教育委員会が21日発表した。

 土器片は縦約6センチ、幅約4センチ。屋根を表す斜線などが描かれていた。1991年に出土し、このほど行った再調査で線刻に気付いたという。

 同遺跡では楼閣と大型建物を描いたつぼ(高さ50センチ前後)の破片が3点出土している。今回の土器片は出土地点が近いうえ素材の土や工具痕、焼成状態が一致。同町教委は図像を分析し「同じつぼの破片だが、別の楼閣の絵」と判断。「首長居館と2棟の楼閣が並び立つ集落中枢の光景が描かれていた」とみている。

 同遺跡は外濠を含めて約42万平方メートルに及び、様々な絵画土器約350点をはじめ大量の土器類や農工具類、多数の建物跡などが見つかっている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

楼閣教育委員会

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 21:00
21:00
関東 22:00
22:00
東京 22:00
22:00
信越 22:00
22:00
東海 21:36
21:35
北陸 2:00
2:00
関西 22:00
19:56
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
22:39
22:15

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報