「米国社会 暮らしにくく」 現地法人、排斥の動き憂う

2017/1/22 0:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ドナルド・トランプ氏が20日(日本時間21日)、米国大統領に就任した。当選以来、支持者と反対派の溝は埋まらず、米国で暮らす日本人からは「マイノリティーに不寛容な社会に変わっていくのでは」という懸念の声が上がった。

シリコンバレーの会社経営者、桝本博之さん(54)は「外国人が暮らしにくい国になるのではないか」と指摘した。保有する米国の永住権は更新制で、米国人とは受給できる年金に差がある。「外国人へ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]