/

ゆるキャラで復興アピール 避難解除の福島・飯舘村

東京電力福島第1原子力発電所事故による避難指示が3月末に大半の地域で解除された福島県飯舘村が21日、村をPRするゆるキャラ「イイタネちゃん」を発表した。原発事故からの復興を進める村に関心を持ってもらうのが狙い。

イイタネちゃんは植物の妖精をイメージし、村名の「飯舘」と「種」をかけた。「やっタネ!」が口癖。菅野典雄村長は記者会見で「目標は熊本のくまモン」と話した。

ゆるキャラの開発は2014年2月、村の小学6年生が議員となって開いた「みらい議会」で提案されたが、全村避難が続いていたため村は事業化できずにいた。菅野村長は「子供たちの夢を実現できた。復興に向けて夢の種をまいていきたい」と話した。

キャラクターは広告代理店が考案した五つの候補から、村の子供たちの投票結果を考慮し、村が選んだ。今年8月に村内でオープンする道の駅の式典で、着ぐるみを披露する予定。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン