/

「菓子屋横丁」で火災 埼玉・川越、1人死亡・5棟全焼

21日正午すぎ、埼玉県川越市元町2の観光地として知られる「菓子屋横丁」で、菓子店「室岡製菓」から出火しているのをパトロール中の警察官が発見した。木造モルタル2階建ての店舗兼住宅と、隣接する4棟の計5棟が全焼、6棟が部分焼し、1人が死亡、4人がけがをした。

県警によると、死亡したのは同店社長の室岡登三男さん(90)。男女4人がのどの痛みを訴えるなどの軽傷を負った。室岡さんが当時、菓子作りをしていたとみられる1階部分の燃え方が激しいといい、県警が出火原因を調べている。

小江戸川越観光協会のホームページによると、菓子屋横丁では22軒の菓子屋や駄菓子屋が軒を連ねている。

「小江戸川越 菓子屋横丁会」会長の浜野友久さん(65)は、店の1階で倒れていた室岡さんを4人で外に運び出した。周囲では大勢の観光客がぼうぜんと見守っていたという。「足が少し不自由だった。亡くなったと聞いて悔しい。横丁のメーンの店でもあったので、これからどうなるのか」と疲れた表情。

近くで菓子店を営む阿部朝次郎さん(68)は「お菓子を揚げる鍋から火が上がっていた。途中で爆発音が上がり、目の前まで火が迫ってきた」と興奮した様子で話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン