小池氏政治塾、都議選候補に300人合格
4人を公認へ

2017/1/21 21:35
保存
共有
印刷
その他

東京都の小池百合子知事が設立した政治塾「希望の塾」の都議選向けの講座に、約300人の塾生が合格したことが21日、関係者への取材で分かった。塾を運営する政治団体「都民ファーストの会」は23日にも、現職都議ら4人を都議選の第1次公認候補として発表する。

4人は昨夏の都知事選で小池氏を支援した都議3人と、豊島区議1人。小池氏は都議や塾生らから30~40人規模の候補者擁立を目指している。

希望の塾の「都議選対策講座」には、塾生約千人が受験した。今月7日に実施した筆記試験の結果などを基に、小池氏や都の顧問を務める上山信一慶応大教授らが約300人を選抜。塾関係者によると、面談などでさらに候補者を絞り込み、公認候補を順次発表していくとしている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]