子宮頸がんワクチン推奨 小児科学会など、診療体制が整う

2016/4/21 21:37
保存
共有
印刷
その他

全身の痛みやしびれなどの副作用が報告されている子宮頸(けい)がんワクチンについて、日本小児科学会など17団体は21日までに、ワクチン接種後の診療体制などが整備されたとして、積極的な接種を推奨するとの見解を発表した。

見解では、子宮頸がんワクチンを導入したオーストラリアや米国など複数の国で、子宮頸がんの前段階の病変の発生が約半分に減っており、有効性は…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]