/

住基ネット障害 カード一時交付できず 横浜市、保守作業ミス

横浜市で8日、住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)にシステム障害が発生して約1200人にマイナンバーカードが交付できないトラブルがあり、誤った手順書に従ったサーバーのメンテナンス作業が原因だったことが21日、市への取材で分かった。既に復旧している。

市によると、市は作業を富士通に委託。7日夜、富士通が作成したパスワード変更の手順書を基に操作したところ、システム障害が発生した。作業のチェックシートから必要な項目が抜けていたのが原因。影響で8日、カードを受け取りに区役所を訪れた約1200人に交付できなかった。

市は復旧作業中にパスワードを再設定し、適切な情報漏洩対策を取ったとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン