震災復興の農業事業で談合、5社に課徴金6億円
公取委命令へ

2016/12/21 12:54
共有
保存
印刷
その他

 東日本大震災で被害を受けた農業用ビニールハウスの復旧工事の入札で談合を繰り返していたとして、公正取引委員会が井関農機などメーカー5社に対し、独占禁止法違反(不当な取引制限)で総額約6億円の課徴金納付命令を出す方針を固めたことが21日、関係者への取材で分かった。再発防止を求める排除措置命令も出す方針。

 公取委は処分案を各社に通知しており、反論を踏まえて正式な処分を出す。

 対象はほかに渡辺パイプ(東京・中央)、大仙(愛知県豊橋市)、イノチオアグリ(同)、サンキンB&G(大阪市)。

 関係者によると、5社は宮城、福島両県の自治体などが2012~15年に発注した大規模なビニールハウスの復旧工事約20件の入札を巡り、落札額や受注業者を事前に調整していた。東日本大震災の被災自治体は国の復興交付金などを使い、復旧工事を発注していた。

 三菱マヒンドラ農機(松江市)も談合に加わったが、受注していなかったため、公取委は排除措置命令だけを出す方針。ヤンマーグリーンシステム(大阪市)は事前に違反を自主申告したため、いずれの命令も免れるとみられる。

 井関農機、大仙は「内容を精査して対応していく」、イノチオアグリは「今後違反がないように万全の措置をとる」とコメント。渡辺パイプ、サンキンB&G、三菱マヒンドラ農機は「回答を控える」とした。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 2:00
2:00
信越 1:00
1:00
東海 2:00
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
2:00
1:59

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報