2018年6月22日(金)

エスカレーター歩かないで!手すり利用を呼びかけ

2017/7/21 12:11
保存
共有
印刷
その他

 全国の鉄道事業者や商業施設運営会社などが21日、エスカレーター利用時の事故をなくそうと、歩かず手すりにつかまるよう呼び掛けるキャンペーンを始めた。8月31日まで。

 駅などではエスカレーターの片側を空けて急ぐ人を通すことが習慣になっているが、他の人との衝突や転倒につながる危険性がある。期間中、駅構内などには日本語のほか、英語、中国語、韓国語で「みんなで手すりにつかまろう」と書いたポスターを掲示する。

 JR東日本は東京駅地下ホームのエスカレーターで、プロジェクターやデジタルサイネージ(電子看板)を使って、注意喚起の文字が利用者の目に入るように映す実験も始めた。東京消防庁によると、都内では2015年、エスカレーターに関する事故で1416人が救急搬送され、約7割が転倒だった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報