放置された技量不足 医局の閉鎖性、ミス生む温床
揺らぐ信頼(1)

2015/7/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

80代の男性患者の容体が急変したのは、前橋市の群馬大病院第2外科で肝臓がんの手術を受けた2週間後だった。切除した部位に近い動脈から出血し、肝臓の働きも低下。手術から59日目に亡くなった。「縫合不全があった」。病院の調査委員会がまとめた報告書には、医師の技量不足をうかがわせる記述がある。

執刀医は40代の男性。この医師が2014年夏までの約5年間に手掛けた肝臓の手術で、4カ月以内に死亡した患者は1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


電子版トップ



[PR]