2019年7月20日(土)

激流下りの世界大会で日本女子が準優勝

2014/10/21付
保存
共有
印刷
その他

ブラジルのフォスドイグアスで開催されたラフティングの世界大会(現地時間16~19日)で、日本代表女子チームが出場9カ国中、準優勝を果たした。男子は12カ国中4位だった。

女子チームは徳島県三好市を拠点に練習を積み重ねた。キャプテンの水沢知香さん(30)は「内容は良かったが、優勝を逃したことは悔しい。まだ実力が足りないと感じた」と話した。

競技は雄大なイグアスの滝を望むイグアス川や人工コースで実施。ゴムボートで激流を下る速さや操船技術を4種目で競い、総合得点で順位を争った。女子チームは2010年のオランダ大会で優勝している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。