/

この記事は会員限定です

GPS捜査、2000年代前半に広がり

[有料会員限定]

GPS端末を使って対象者の行動を確認する手法は、2000年代前半に捜査現場で広がったとみられる。ただ裁判などで問題にされるようになり、警察も対応を余儀なくされている。警察庁は「尾行などの補助手段」として任意捜査との立場を維持する一方、昨年9月には令状取得を「1つの方法」とする通知を全国の警察に出した。千葉県警が令状を取ったうえで捜査を行ったことが判明している。

捜査はどんな形で行われるのか。警察庁...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン