/

この記事は会員限定です

浄水用活性炭で談合か 公取委、十数社を立ち入り

(更新) [有料会員限定]

全国の自治体が発注する水処理用の活性炭の納入を巡り、談合していた疑いが強まったとして、公正取引委員会は21日、化学メーカーなど十数社を独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで立ち入り検査した。

対象はクラレ、水ing(東京・港)、カルゴンカーボンジャパン(同・中央)、キャボット・ノリット・ジャパン(同・港)、本町化学工業(同・足立)、朝日●過材(●はさんずいに戸、岐阜県土岐市)、大阪ガスケミカル(大阪市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り373文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン