中禅寺湖のヒメマス、持ち帰り解禁へ 震災後禁止

2016/10/21 10:48
保存
共有
印刷
その他

東京電力福島第1原発事故に伴い、栃木県日光市の中禅寺湖でマス類を持ち帰り禁止としていた措置について、栃木県は21日までに、ヒメマスの規制解除の方針を決めたことを発表した。来年4月から持ち帰りが解禁される見通し。ニジマスやブラウントラウトは引き続き規制する。

2012年に国の基準値が1キログラム当たり500ベクレルから100ベクレルに厳格化され、マス類から基準を上回る放射性物質が検出された。このため同年3月、県が中禅寺湖漁協に釣りの禁止を要請。同5月からは魚を放流するキャッチ・アンド・リリースを条件に解禁していた。

県が今年実施したモニタリング検査で、ヒメマスの放射性物質の数値が基準を安定して下回ったため、国の了承も得て中禅寺湖漁協への要請解除に踏み切った。

ヒメマスは味が良く、「中禅寺湖の目玉」とも言われるほど人気が高い。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]