コルビュジエ弟子の建築、各地で解体の危機

2016/8/24 12:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国立西洋美術館本館(東京・台東)などの作品群が世界遺産に登録された近代建築の巨匠、ル・コルビュジエは日本にも弟子を持ち、その特徴を受け継ぐ国内の建築物も少なくない。だが多くが老朽化したり、手狭になったりして、各地で取り壊しの危機にひんしている。専門家からは世界遺産登録を機に保存を求める声が出ている。

コルビュジエは1887年生まれ。1965年に77歳で亡くなるまでに、20世紀を代表する建築を相次…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]