/

この記事は会員限定です

マタニティマークの普及進まず 利用ためらうケースも

開始から9年、認知度5割

[有料会員限定]

キーホルダーやストラップなどで妊娠中であることを示す「マタニティマーク」の普及が進んでいない。妊婦への配慮を促す目的で9年前に作られたが、認知度はいまひとつ。身に付けていて嫌がらせを受けたとの声もあり、利用をためらう人もいる。厚生労働省の担当者は「体調などで様々な苦労がある妊婦に思いやりを持って接してほしい」と話している。

「あなた妊婦なのね。人を呼んでくるからちょっと待ってて」。川崎市の女性(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り746文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン