/

小型ロケット「イプシロン」2号機、打ち上げ成功

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は20日、小型ロケット「イプシロン」2号機を内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県)から打ち上げた。地球を取り巻く宇宙空間を調べる探査衛星「エルグ」を約13分後に切り離し、打ち上げは成功した。2013年9月の1号機以来、3年3カ月ぶりとなる。

イプシロンは同日午後8時に予定通り打ち上がった。JAXAは衛星の愛称を「あらせ」と公表。高いエネルギーの粒子に満ちた荒瀬のような宇宙空間で活躍してほしいとの期待を込めた。

森田泰弘プロジェクトマネージャは「美しい打ち上げだった。肩の荷がおりた」と話した。

2号機はエンジンを1号機よりも大きくし、載せる衛星の重さが1.3倍の590キログラムになった。世界で需要が増す小型衛星を低コストで打ち上げるため、点検作業に人工知能(AI)を取り入れた。2号機の打ち上げ費用は主力ロケット「H2A」の約半分となる約50億円だ。

あらせは、地球の周りにある放射線帯で電子や電磁場をとらえる。高エネルギーの電子が生まれる仕組みなどを突きとめる。放射線帯は衛星の誤作動にもつながるといい、対策にも役立てる。

政府は宇宙基本計画にもとづく工程表で、イプシロンを25年度までに10回打ち上げる計画を掲げる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン