/

この記事は会員限定です

前沖縄知事の判断「適法」 辺野古判決、移設是非に触れず

[有料会員限定]

米軍普天間基地の辺野古移設をめぐる20日の最高裁判決は、辺野古沿岸部の埋め立てを承認した前沖縄県知事の判断を「適法」と結論づけることで、同県側の主張を退けた。結論を導くための最低限の法律判断だけを示し、移設自体の妥当性などには踏み込まなかった。

訴訟では、埋め立て承認を取り消した翁長雄志現知事の対応の違法性が争われた。最高裁は仲井真弘多前知事が埋め立てを承認した際の判断材料やプロセスに着目。移設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り406文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン