/

桂米朝さん死去から一夜 長男・米団治さん、高座で熱演

上方落語家で人間国宝の桂米朝さんの死去から一夜明けた20日、長男の桂米団治さん(56)は大阪市の寄席「動楽亭」に出演、噺(はなし)の中に米朝さんを登場させるなど熱のこもった高座をやり遂げ、観客を沸かせた。

約50人のファンらが詰め掛けた寄席に、米団治さんは黒紋付き姿で現れ、噺のまくらで米朝さんが亡くなった経緯を説明、「本当に大往生。さすが人間国宝」と笑わせた。その後、古い噺を米朝さんが再構成した代表演目「地獄八景亡者戯」の前半を演じた。

死んだ者たちが地獄巡りをしていると、亡くなった歴代の名人たちが出演する地獄の寄席に「桂米朝、本日来演」の看板が。そこで死者の一人、米団治さんと会った米朝さんが「ここに来るのは100年早いわ! 娑婆(しゃば)でもっと修行せい」と一喝して噺が終わると、観客から大きな笑いと拍手が起こった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン