/

理研、小保方氏に60万円請求 「STAP」問題に終止符

理化学研究所は20日、STAP細胞論文の不正が認定された小保方晴子元研究員に対し、研究費の一部、約60万円を返還請求すると発表した。理研の内部規定に基づく対応だが、強制力はない。小保方氏が支払いを拒否した場合は民事訴訟も検討するという。

請求の対象は、英科学誌ネイチャーに論文を掲載した時の費用。実験費用の返還を求めないことについて理研の有信睦弘理事は、「具体的な実験が行われており、STAP細胞研究自体も全く無意味だったわけではない」とした。

米ハーバード大学と共同で出願していた国際特許は理研が保有していた権利を放棄する。

偽計業務妨害容疑などで小保方氏に対しての刑事告訴は見送る。STAP細胞の論文不正問題は真相究明に終止符が打たれることになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン