/

この記事は会員限定です

湖底遺跡の謎探れ 小型ロボ、深層スイスイ

[有料会員限定]

琵琶湖の底にある「葛籠尾崎(つづらおざき)湖底遺跡」を小型水中ロボットで探索するプロジェクトが進んでいる。水深数十メートルの同遺跡では1万年以上前の土器も見つかっているが、その成り立ちは謎に包まれている。立命館大のロボット工学や考古学の専門家が手を組んで、人力では難しい湖底遺跡の解明に挑んでいる。

6月上旬、立命館大びわこ・くさつキャンパス(滋賀県草津市)の実験用プールで、川村貞夫教授(ロボット工...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り842文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン