2018年12月12日(水)

英会話学校の講師自殺、遺族に解決金4300万円 地裁調停成立

2016/12/20 21:21
保存
共有
印刷
その他

金沢市で2011年、英会話学校の新入社員だった女性講師(当時22)が自殺したのは、長時間の持ち帰り残業などが原因として、大阪府内の両親が運営会社「アミティー」(岡山市)に約9100万円の損害賠償を求めた訴訟は20日、大阪地裁(山地修裁判長)で調停が成立した。会社側が遺族に謝罪し、4300万円の解決金を支払うとの内容。

調停条項には「業務に不慣れで負荷が大きい新入社員の特徴に配慮し、持ち帰り残業を含めた労働時間の管理を適切に行う」などの再発防止策が盛り込まれた。

訴状によると、女性は11年春に入社し、6月に金沢市の自宅で自殺。自宅には自作した2千枚以上の「単語カード」が残され、金沢労働基準監督署は14年に労災と認定した。会社側は持ち帰り残業を指示していないと主張していた。

アミティーの担当者は「現在は労働時間を週単位で本社が把握し、業務は持ち帰れない仕組みにした。社員の負担を軽減したい」と話した。

調停成立後、父親(66)は大阪市内で記者会見し「娘は(帰宅後も)午前3時まで働き、5時に起きて準備する毎日だったと思う。会社は働きやすい環境をつくっていくべきだ」と述べた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報