対馬の仏像引き渡しを 韓国の寺が韓国政府提訴

2016/4/20 19:30
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=小倉健太郎】長崎県対馬市で2012年に盗まれ韓国に持ち込まれた仏像「観世音菩薩坐像」について、元の所有権を主張する韓国の寺が韓国政府に引き渡しを求める訴訟を起こしたことが20日、分かった。韓国政府が保管する同仏像を巡っては日本が返還を求めているが、韓国の大田地裁は13年、日本への引き渡しを認めない仮処分を出している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]