/

この記事は会員限定です

今回の解散、名付けると うちわ(内輪)・わがまま…

[有料会員限定]

安倍晋三首相が21日、衆院を解散し、師走の総選挙へと突入する。2年ぶりとなる今回の解散はどんなネーミングになるのか。与党幹部はアベノミクスを進めるかどうかを再確認する「念のため解散」と呼び、野党幹部は何を問う選挙か理解できない「身勝手解散」と批判する。各分野の人たちにも名付けてもらった。

うちわ解散(元三重県知事の北川正恭・早稲田大教授)

いわゆる「うちわ」疑惑などによる閣僚辞任と政権の支持率低下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り957文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン