2019年7月20日(土)

立って歩くシロクマ人気 釧路市動物園

2015/2/25付
保存
共有
印刷
その他

北海道の釧路市動物園が飼育する雌のホッキョクグマ、ミルク(2歳)の直立して歩く姿が「人間みたいだ」と話題になっている。インターネットやテレビ番組でも紹介され、担当者は「サービス精神が旺盛な、動物園のアイドルを、ぜひ見に来て」とPRする。

ミルクは秋田県男鹿市の男鹿水族館GAOで生まれ、昨年1月に釧路市動物園にやってきた。体長約180センチ、体重約200キロと体は大きくても、まだまだ遊び盛り。プールでラッコのように泳ぎ、おもちゃにしているガス管やポリタンクを放り投げる。

特技は直立歩行だ。背筋を伸ばして立ち上がり、そのまま歩き出す。20歩近く歩くこともあり、来園者からは立つたびに歓声が上がる。

飼育員の久保埜広行さん(60)は「反応をうかがいながら得意げな表情を浮かべているようにも見える。こんなクマは他にいない」と話し、屋外飼育場が縦約13メートル、横約18メートルと広いことから歩くようになったと推測している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。