/

この記事は会員限定です

天下り、工事落札に影響 1人受け入れ0.7ポイント上昇

近畿大など分析

[有料会員限定]

公務員の天下りを受け入れた建設業者は、1人受け入れるごとに公共工事の入札で落札できる割合が約0.7ポイント上昇することが、中林純・近畿大准教授らの分析で分かった。文部科学省による再就職あっせんが問題視されるなか、天下りが民間企業の競争に影響を与えている実態を裏付けるデータとしている。

天下りの人数が多く、公務員の退職前5年間の部署を把握できる2001~04年度について、人事院と国土交通省の入札デー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り305文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン