/

レノボのパソコンで情報漏れ懸念 世界1000万台影響か

中国レノボ・グループ製ノートパソコンの一部のソフトに設計上の不具合があったことが20日、関係者への取材で分かった。不具合はソフトの広告表示機能に見つかり、悪用すればネット銀行のパスワードなどを盗み取れるという。ソフトは昨年末までに出荷されたパソコンに入っており、世界で1000万台程度に影響する可能性がある。

ソフトは「スーパーフィッシュ」と呼ばれる。ウェブサイトを見るために使う閲覧ソフト(ブラウザー)の通信記録を観察し、広告を表示する機能を持っている。

レノボによればソフトは2014年9~12月に出荷された消費者向けノートパソコンに組み込んでいた。日本では、傘下のNECパーソナルコンピュータ製以外の5万台前後に影響するとみられる。

レノボは今年1月からソフトの通信機能を停止させた。「セキュリティー上の懸念は見つかっていない」という。

ロシアのセキュリティー大手、カスペルスキー研究所によると、すでにソフトの悪用方法の書かれたサイトが確認されている。同研究所はソフトの削除などを呼びかけている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン