/

辺野古訴訟、国の勝訴確定 最高裁

米軍普天間基地の移設計画先の辺野古沿岸部=共同

沖縄県の米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古沿岸部への移設をめぐって国と県が争った訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(鬼丸かおる裁判長)は20日、県の上告を棄却した。国の勝訴が確定した。

9月の福岡高裁那覇支部判決に続き、埋め立て承認の取り消しを撤回しない翁長雄志知事の対応が違法だと判断した。辺野古移設をめぐる訴訟で、司法判断が確定したのは初めて。

国は勝訴確定を受け、中断している移設工事を再開を検討する。翁長知事は別の対抗手段で移設阻止を目指す考えを示している。

2013年12月、仲井真弘多前知事が移設に必要な沿岸部の埋め立てを承認した。その後当選した翁長知事が承認を取り消し、国が7月に訴訟を起こした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン