/

ヤフーの検索結果削除命令、アドレスも対象

東京地裁

プライバシー権の侵害を理由に、インターネット検索大手「ヤフー」側に検索結果の削除を命じた東京地裁の仮処分決定を巡り、東京地裁(崇島誠二裁判官)が、ヒットしたサイトの「タイトル」や「アドレス」を含め全内容を削除すべきだと明示した上で、ヤフー側の異議申し立てを退けたことが20日、分かった。

仮処分は、自分の名前を入力すると犯罪行為を連想させるページが表示されるとする男性が、検索結果47件の削除を求めて申し立てていた。地裁の別の裁判官は昨年12月、プライバシー権の侵害を認め11件の削除を命じる決定を出したが、11件のうちの削除範囲には触れていなかった。

決定に異議を申し立てたヤフー側は、仮に削除する場合でも、ヒットしたサイトの抜粋部分の問題となる語句だけが対象となり、タイトルやアドレスは消す必要がないと主張した。

これに対し、崇島裁判官は今月17日付の決定で、文章と同時に表示されるタイトルをクリックしたり、アドレスを入力したりすれば、問題となったサイトに容易にアクセスできると指摘し、全内容の削除を命じた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン