「総理が期限」「官邸は絶対やる」 官房副長官発言と新文書
文科相が発表

2017/6/20 12:06
保存
共有
印刷
その他

学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設を巡る問題で、松野博一文部科学相は20日、萩生田光一官房副長官の発言概要とされる文書が新たに見つかったと発表した。萩生田氏が同省幹部と面会した際の発言とされ、「総理は『平成30年(2018年)4月開学』とおしりを切っていた」などと、早期開学が安倍晋三首相の意向であることをほのめかす内容が記されている。

記者会見に臨む松野文科相(20日午前、文科省)

文書は「10/21萩生田副長官ご発言概要」と題され、同省専門教育課の共有フォルダーに保存されていた。松野文科相によると、昨年10月21日、萩生田氏と常盤豊・同省高等教育局長が面会した際のやり取りを、専門教育課の職員が個人的なメモとして作成。松野氏は「副長官の発言でない内容が含まれている」と述べた。

文書によると、萩生田氏は和泉洋人首相補佐官らと協議したことを文科省側に伝えた上で、「和泉補佐官からは農水省は了解しているのに、文科省だけが怖じ気づいていると言われた。官邸は絶対やると言っている」と、迅速な手続きを促す内容だった。

さらに「何が問題なのか書き出してほしい。加計学園事務局長を(専門教育課の)課長のところにいかせる」と文科省側に伝える内容もあった。政府の国家戦略特区諮問会議が獣医学部新設計画を認める方針を決めたのは昨年11月で、実際に特区の事業主体が加計学園に決まったのは今年1月。それより前に学園の名称が挙がっていたことになる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]