小3から英語授業、高校では討論レベル 指導要領諮問
中教審、16年度中に改訂内容答申

2014/11/20付
保存
共有
印刷
その他

小中高校の学習内容を定めている学習指導要領の全面改訂について、下村博文文部科学相は20日、中央教育審議会(中教審)に諮問した。国際的な人材育成に向け、小学3年から英語教育を始め、高校では英語で討論できるレベルを目指す。高校の日本史の必修化や規範意識を学ぶ新科目の創設も議論する。中教審は2016年度中に改訂内容を答申する見通し。

文部科学省は答申を受けて指導要領を改訂する。教科書の製作や検定を経て…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]