/

福島競馬場が個人情報紛失 JRA、シニア会員3168人分

日本中央競馬会(JRA)は20日、福島市の福島競馬場がシニアカード会員3168人全ての個人情報を記録したUSBメモリーを紛失したと発表した。JRAは「外部への流出や不正使用は確認されていない」としており、近く会員におわびの文書を郵送する。

JRAによると、USBメモリーには氏名や住所、電話番号などが入っていた。競馬場内の専用パソコン以外では中身を見ることができないようセキュリティー対策が講じてある。

競馬場の担当者が13日午後、業務で使おうとして紛失に気付いた。普段はパソコンの脇に置いているという。シニアカード会員は65歳以上が対象で、指定席料金の割引などの特典がある。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン