/

米沈没艦、深海で発見 第2次大戦で広島の原爆部品運搬

【ニューヨーク=共同】第2次大戦末期の1945年7月30日、フィリピン沖で旧日本軍の攻撃を受け沈没した米巡洋艦インディアナポリスの船体が、深さ約5500メートルの海底で見つかった。米海軍が19日に発表した。同艦は沈没直前、原爆の部品を運搬する極秘任務に従事。この部品を使った原爆は広島に投下された。

発見したのは米マイクロソフトの共同創業者で資産家のポール・アレン氏の調査チーム。従来考えられていた海域よりも西方に沈没した可能性が高いという情報に基づき、最新機器を使って捜索した。

米海軍は「現場の深さを考えれば重大な発見だ」と指摘。アレン氏は「米国人として、乗組員らの勇気と粘り強さ、彼らが払った犠牲にはいくら感謝してもしきれない」と述べた。

インディアナポリスは日本の潜水艦による魚雷攻撃で沈没した。乗組員1196人のうち約800人は沈没前に海上に逃れたが、漂流中に多くがサメに襲われたり脱水症状になったりして死亡し、数日後に316人が救助された。このうち22人が今も存命する。

アレン氏は2015年、戦艦武蔵とみられる船体をフィリピンの海底で発見した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン