/

コウノトリ 誤射で死ぬ 島根、4月にひな誕生

(更新)

島根県雲南市教育委員会は20日までに、コウノトリ(国の特別天然記念物)の雌の親鳥がハンターの誤射で死んだと発表した。4月にひなが誕生したばかりだった。市教委などによると、害鳥の駆除活動をしていた地元猟友会のメンバーが、19日午前、雲南市大東町の巣から約3キロ離れた水田にいたコウノトリをサギと間違って撃ったという。

4月にひなが誕生したコウノトリのつがい。雌(下)がハンターの誤射で死んだ(3月、島根県雲南市)=同市教育委員会提供・共同

兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)によると、雌は5歳で、豊岡市で生まれた。つがいの雄は福井県越前市で放鳥されていた。雲南市教委は20日、市内の巣周辺を観察し、残った雄がひな4羽に餌を与えている様子を確認した。

今後、保護の必要があるかどうかを兵庫県立コウノトリの郷公園と協議して判断する予定。

野生のコウノトリが1971年に国内で姿を消して以来、野外でのふ化は豊岡市周辺などを除くと、徳島県鳴門市に続き2例目だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン