2018年9月24日(月)

世界の平均気温が最高 1~6月、NASAまとめ

2016/7/20 11:53
保存
共有
印刷
その他

 【ワシントン=共同】米航空宇宙局(NASA)は19日、今年1~6月の世界の平均気温は、観測記録が残る1880年以降で最高となったと発表した。

 昨年は観測史上最も暑い年だったが、今年は昨年の1~6月を上回るペースで推移しており、NASAの研究者は年間記録を更新する可能性が高いとみている。

 今年前半の平均気温は産業革命が進行した19世紀末の気温を1.3度上回った。地球温暖化対策の新たな国際枠組み「パリ協定」は、産業革命以降の気温上昇を2度未満に抑えることを目標に掲げ、1.5度以内に抑えるよう努力するとしているが、厳しい状況が続く。

 米海洋大気局(NOAA)によると、6月の世界の平均気温は過去137年で最も高く、14カ月連続で過去最高を更新した。また北極の海氷面積は今年前半に観測史上で最も小さいレベルにとどまったとNASAは指摘。人間の活動に伴って排出される二酸化炭素(CO2)などの温暖化ガスが、気温上昇や海氷縮小が長期的に続く原因となっていると警告している。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報