/

村上新管主の就任披露 奈良・薬師寺で晋山式

法相宗大本山の薬師寺(奈良市)で20日、村上太胤新管主(69)の就任を披露する晋山式が開かれた。金色のけさをまとった村上管主は、約3千人の参列者を前に「手を合わせて感謝の心を伝える仏法の種まきを心掛けたい」とあいさつした。

境内に鐘の音が響き、村上管主が僧ら約20人を伴って姿を現した。花びらをかたどった紙片をまく散華の後、就任の決意を本尊の薬師如来に告げた。親交のあるテノール歌手秋川雅史さんも登場し、歌で祝った。

村上管主は岐阜県各務原市出身。1956年に薬師寺に入山し、69年に龍谷大を卒業。同寺の執事長や副住職を務め、今年8月に管主を引き継いだ。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン